コンブチャクレンズ

【授乳中も飲める?】コンブチャクレンズの飲み方チェック

コンブチャクレンズ 授乳中 飲み方

月の中でも何度も変化があるように、女性の身体はデリケートなもの。

特に妊娠中や授乳中というのは自分のことだけではなく、子供のことを考えなくてはならないので身体だけではなく神経もデリケートになりますよね。

妊娠中や授乳中もダイエットをしたいという方や美容に気を付けたいという方は多いと思いますが、コンブチャクレンズは飲んでも良いのでしょうか。

今話題のコンブチャクレンズの飲み方や注意点を知っておきましょう。

妊娠中や授乳中のコンブチャクレンズの飲み方とは?

妊娠中や授乳中は普段しても問題なかったことが制限されることがありますよね。

食べるものに気を遣ったり、飲み方を変えたり、必要な成分をサプリなどで補うという方もいるでしょう。

妊娠中は体重が増えやすいためダイエットをしたいと思う方も多いですよね。

出産後の授乳中の時期は体重は減りつつある方もいれば、減らなくて困っているという方もいるでしょう。

しかし妊娠中も授乳中も赤ちゃんに必要な成分や栄養を体の中で作り、それを与えなければいけないため、極度な食事制限や運動によるダイエットは控えるように言われることもあると思います。

コンブチャクレンズは、
◎体のサイクルを整えるサポート
◎毎日の健康と元気をサポート
◎女性の綺麗をサポート

といったサポート力のあるダイエットドリンクです。

国内最大級である200種類以上の酵素や乳酸菌、食物繊維、葉酸、燃焼系ビタミンB群、燃焼系アミノ酸、燃焼系ミネラルなどを豊富に含んでいます。

葉酸などは妊娠中などに摂取しておくと良いと聞いたことがある方も多いかと思いますが、そうした成分を含んだコンブチャクレンズは健康食品に分類されるため、妊娠中や授乳中に飲んでも問題ないとされています。

妊娠中や授乳中はダイエット目的としてではなく、栄養サポートとしてコンブチャクレンズを摂取するのも良いですね。

妊娠中や授乳中のコンブチャクレンズの飲み方は通常の飲み方と特に変える必要はありませんが、アルコールで割って飲んだり、ファスティングとして飲む飲み方は避けた方が良いでしょう。

あくまでも健康や美容、ダイエットをサポートするのがコンブチャクレンズなので過剰摂取にならないように飲み方には注意をして飲むようにしましょう。

また妊娠中や授乳中は原液ではなく炭酸水や水で割り、飲みやすいようにして飲むようにするのがベスト。

授乳中は疲労もたまりやすく睡眠不足なども起こりやすいため、ビタミンやミネラルなど体に必要な成分を効率よく摂り入れるために、夜寝る前に飲むというのもおすすめです。

もちろん食事の前にコンブチャクレンズを飲んで栄養の吸収率を高める飲み方もおすすめですが、一番は自分が飲みやすいタイミングで飲むことなので、夜寝る前や食前というのを一つのポイントとしておさえておくと良いでしょう。

コンブチャクレンズの飲み方で注意が必要なのは?

コンブチャクレンズは健康食品なので特別に注意が必要という飲み物ではありませんが、食物アレルギーがある方は注意が必要です。

多くの原料が使用されているためアレルギーを持っている方は必ず確認をしてから飲むようにしましょう。

また高血圧や糖尿病をはじめとした疾患がある方や、通院中、服用中の方はかかりつけ医に相談をしてから飲むようにしてくださいね。

コンブチャクレンズの1回の摂取目安量は原液30mlを2~3倍に薄めて飲む量となります。

原液で飲む飲み方も問題はありませんが、胃が弱い方などは水や炭酸水、白湯などで割って飲んだ方が良いでしょう。

またコンブチャクレンズの味はかなり濃く甘いと言われることや、ダイエット目的であればお腹を膨らませるために炭酸水などで割って腹持ちを良くする飲み方がおすすめです。

コンブチャクレンズは1日に何杯飲んでも問題ないとされていますが、飲み過ぎは注意が必要です。

コンブチャクレンズを飲んで便秘が解消したという方もいれば逆に便秘気味になってしまったという方もいるため、個人の体質によって作用が大きく異なると言えます。

効果を実感できるまでの間隔にも個人差があるため、くれぐれも飲み過ぎには注意をすること、特に飲み始めは飲み方にも気を付けるということを覚えておきましょう。

安全な飲み方をしてこそ効果を得られるものなので、体調を崩すような飲み方はせずに自分の体調と相談をしながら飲むようにしていくのが良いでしょう。