海外では市販されていることも多いコンブチャですが、日本ではまだ市販されていることは少なく、ネットで購入するしかないと言われています。

しかし、意外にもコンブチャは材料さえ買えば簡単に作ることができるって知っていましたか?

専門家によれば、材料さえ揃えば家でも作ることができると公言しており、本気でダイエットに励むのであれば、ちょっと作ってみたくなりますよね?そこで、誰でも手軽に作ることができるコンブチャの育て方についてまとめてみました!

コンブチャの材料

・コンブチャを入れるガラス容器
・コンブチャの種菌(SCOBY)
・上白糖 80g
・沸騰させたお湯 1,000ml
・紅茶キノコ液 150ml〜200ml
・紅茶 ティーパック2袋

コンブチャの育て方に必要な材料を見てみると、紅茶や上白糖、お湯などはすぐに手に入れることができそうですが、コンブチャの種菌や紅茶キノコ液なんてスーパーやドラッグストアでも売っていないし、どこで買えばいいのでしょうか?

種菌や紅茶キノコはネットで簡単に見つけることができ、種菌と紅茶キノコでセット販売していることもあります。

コンブチャの育て方の手順

㈰コンブチャを入れるガラス容器を熱湯消毒、もしくはアルコール消毒をしてカビの繁殖を防ぎます。

㈪ヤカンや鍋で沸騰させたお湯に紅茶のティーパック500mlと上白糖を入れます。
そのまま約20〜25度近くなるまで放置してください。

㈫消毒したガラス容器に㈪の紅茶を入れて、紅茶の2割程度の紅茶キノコを入れます。

㈬最後にコンブチャの種菌を入れます。

㈭容器の口にキッチンペーパーを多い、輪ゴムで止めます。 ガーゼを使う場合は2重にしましょう。

㈮ 5を日光が当たらない場所で保管し、そのまま5日間保存します。
この時に容器を揺らさないように気をつけましょう。

㈯表面が発泡しているかどうか確認し、熱湯消毒したスプーンで、味が甘酸っぱなくなっていればOK。
表面が発泡しておらず、酸っぱさはなく、甘いだけであれば、あと2日〜3日ほど様子を見てください。

㉀また別の新しい容器に2割り程度の㈯と新しく作った上白糖入りの紅茶500mlと種菌をろ過し、冷蔵庫か日光が当たらない涼しい場所に置いておけばできあがり。

これだけ見ると結構大変そうではありますが、行程一つ一つ見てみれば、さほど難しいことはないので、何度か作っているうちにすぐにコツを掴めます!

使用する紅茶キノコ液や種菌によって育て方が多少異なるので、作る時は必ず説明書を読んでから作ってくださいね。

コンブチャの育て方を学んで、菌活ダイエット!

ネットで買うしかないと思われていたコンブチャですが、育て方でさえマスターすれば、意外にもお家で簡単に作ることができるのですね!

アミノ酸やビタミン、ポリフェノールなどのダイエットに効果的な成分が豊富に含まれており、体の内側から痩せやすい体へと改善することができます。

今でもハリウッドでブームになっているコンブチャはダイエットだけでなく、免疫力アップやデトックス、血液をサラサラにする効果など健康もサポートしてくれるので、自分だけではなく、コンブチャは家族みんなで飲むことができますね!

家族みんなで既製品のコンブチャを買うとなると、結構な値段がかかってしまいますが、コンブチャの育て方を知っていれば、リーズナブルにたくさんのコンブチャを手軽に作れます。

飲み方もそのまま飲むのではなく、水や炭酸水、牛乳で割ったり、ヨーグルトにかけたりとアレンジもたくさんあるので、ずっと美味しくコンブチャを続けることができますね!

お家で作れるコンブチャの育て方を実践して、ダイエットや美容、健康、デットクス、アンチエイジングなどの様々な効果を実感してくださいね!