コンブチャクレンズ

【飲み過ぎ注意】コンブチャクレンズで健康被害!?注意点は?

コンブチャクレンズ 飲み過ぎ 健康被害

何事も食べ過ぎ飲み過ぎは健康被害の原因となりやすく注意が必要ですよね。

自覚がある食べ過ぎ飲み過ぎの体調不良は自業自得とも言われてしまいますが、飲み過ぎることで健康被害が起こりやすい商品などは予め知っておきたいですよね。

コンブチャクレンズはSNSを中心に今話題となっている飲料ですが、飲み過ぎによる健康被害があるのかどうか気になりますよね。

コンブチャクレンズを飲むときの注意点もチェックしておきましょう。

コンブチャクレンズは飲み過ぎると健康被害が起きる?

どんな商品でも飲み過ぎてしまうと体調不良などの健康被害が起こる可能性がありますよね。

特にダイエット商品や健康目的とした商品は、目的に特化した成分が配合されているため飲み過ぎてしまうと成分の過剰摂取となる可能性が大いにあるのです。

ポイント1:摂取量

まずおさえておきたいのはコンブチャクレンズの1日の摂取量は30mlとなっていること。

コンブチャクレンズは計量カップが付いてくるので、まずはきちんと計量して飲むようにしましょう。

コンブチャクレンズは30mlで46.8キロカロリーなので、置き換えダイエットをする場合や前日食べ過ぎてしまった分をリセットする分としては低カロリーとなるので嬉しいですよね。

ポイント2:割り方

コンブチャクレンズは原液で飲むと濃く甘みを強く感じるという方が多いため、30mlに対して水や炭酸水を90mlプラスして割って飲むようにします。

この量でも甘みを強く感じて飲みにくいという方は割るものの量を調整しても良いでしょう。

その時に注意したいのは糖分の多いものやカロリーの高い飲料で割ってしまうと、その分のカロリーがプラスされてしまうということ。

原液の30mlという摂取量を守り、カロリーや糖分に気を付けて飲むようにしましょう。

ポイント3:飲み過ぎると?

コンブチャクレンズは摂取量を守っていても、便秘になってしまったという方や下痢になってしまったという方がいます。

摂取量を守っていてもそうなのですから、飲み過ぎてしまうと健康被害に繋がることが想像できますよね。

1回で30ml飲むのは不安という方は、毎食時に分けて飲んでも良いかもしれません。

また空腹時にコンブチャクレンズを飲むことで胃痛を感じたり、なかには頭痛があるとい方もいます。

ダイエットや健康目的として飲む方の中には、多く飲めば飲むほど効果がでる、早く効果を実感できると思っている方もいるかもしれません。

しかしその考え方こそ危険であり、飲み過ぎや過剰摂取に繋がり最終的には健康被害へと発展する可能性があるため、飲んだ分だけ痩せられる、早く効果があるというものではないということをしっかり把握しておきましょう。

コンブチャクレンズの注意点は?

コンブチャクレンズには食物繊維や乳酸菌、アミノ酸、酵素などが多く配合されています。

この成分や原料にアレルギーがある方は注意が必要です。

約4000億個の乳酸菌や植物由来の食物繊維を含むため便秘解消効果にも期待がもてます。

しかし便秘が酷くなってしまったという方や、反対に下痢になってしまったという方もいます。

これらの反応が飲み始めに起きる好転作用なのかそれとも副作用なのかという判断がなかなか難しいところでもありますが、悪化して健康被害とならないようにしっかりと見極める必要があります。

またコンブチャクレンズをファスティングダイエットとして使用する方もいるかと思いますが、ファスティングの知識がないとリバウンドしてしまったり栄養が足りず危険な状態になるなんてことも起こり得ます。

ファスティングは単に食事を全てコンブチャクレンズに変えれば良いわけではなく、ファスティングをする前後から体の調整を行う必要があり十分な知識が必要となります。

コンブチャクレンズは飲めば痩せるという魔法のドリンクとして認識するのではなく、痩せやすい体作りのサポートをしてくれる飲料だという認識で摂取するようにしていきましょう。

健康被害を起こさないためにも、自分の体質を把握することやコンブチャクレンズの本質そのものを理解したうえで美味しく摂取できると良いですね。